Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災

2016年04月01日

サフラン

「サフラン」の紹介です。

サフラン1.jpg

サフラン2.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

サフランはアヤメ科サフラン属の多年草の球根植物です。
有名なスペイン料理、「パエリア」のあの鮮やかな黄色は、
サフランの黄色いカロチノイド色素の色です。

花粉症、冷え性、生理不順、生理痛、腹痛、イライラ、
ヒステリー、更年期障害、神経症、ストレス、
頭痛、めまい、消化不良、喘息、
百日咳などに効果があるそうです。
posted by 生き生きハーブ at 14:46| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャスミン

「ジャスミン」の紹介です。

ジャスミン.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ジャスミンは、モクセイ科の植物です。
濃厚で温かな、甘い香りがあり、エキゾチックな香りが特徴で、
食用や香料、薬用に使われます。

抗うつ作用、鎮静作用、保湿作用などがある。
ジャスミンの精油には、幸福感をもたらす働きがあり、
強壮作用とリラックス作用があります。

伊藤園と京都大学での研究では、この香りが好きな人がかぐと、
心拍数が下がり、
リラックス効果が得られることが分かってきたみたいです。
ジャスミン茶はとても人気が高いです。
posted by 生き生きハーブ at 14:42| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツルコケモモ

「ツルコケモモ」の紹介です。

ツルコケモモ1.jpg

ツルコケモモ2.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ツルコケモモは寒地の湿原に生育しており、
ミズゴケとペアになっていることが多いです。
4枚の花弁が後方へ反り返って咲くのが特徴です。

日光白根山では菅沼の湿原に、
武尊山では玉原湿原に生育しています。
posted by 生き生きハーブ at 14:33| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

トウガラシ

「トウガラシ」の紹介です。

トウガラシ1.jpg

トウガラシ2.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

トウガラシは南アフリカ原産ナス科の一年草で、
有効成分は辛味成分のカプサイシンです。
有名なのは、「鷹の爪」「タバスコ」などです。

脂肪燃焼、体温上昇と発汗、健胃などの作用があり、
体脂肪の分解と燃焼が進むので、ダイエットには効果的ですが、
トウガラシを取りすぎると胃壁を荒らすので注意してください。
posted by 生き生きハーブ at 18:01| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドクダミ

「ドクダミ」の紹介です。

ドクダミ1.jpg

ドクダミ2.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

どくだみには殺菌、
消炎効果があり出来てしまったニキビにも、
また肌をニキビの出来にくい肌へと
体質改善する効果もあるようです。
posted by 生き生きハーブ at 17:56| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トケイソウ

「トケイソウ」の紹介です。

トケイソウ1.jpg

トケイソウ2.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

トケイソウとは、パッションフラワーの和名で、
トケイソウ科の多年生つる植物です。
トケイソウは、ドイツで不眠症と神経質の治療での使用が公認されているハーブです。

鎮静作用、抗不安作用、精神安定作用、
けいれんを弱める作用などがあります。

ヨーロッパでは、キリストの貼り付けの姿を想像させることから、
パッション(受難)フラワーと名付けられました。
ハーブティーとしてよく使われ、不安や興奮を静める作用がり、
眠れない夜などに飲むと良いと言われています。
posted by 生き生きハーブ at 17:44| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナギイカダ

「ナギイカダ」の紹介です。

ナギイカダ1.jpg

ナギイカダ2.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ナギイカダとはブッチャーズブルームの和名でユリ科常緑木です。
根の部分はは薬用に使用され、
そのエキスは慢性静脈不全などの血行不良からの
むくみを改善することが臨床的に証明されています。

また、ナギイカダは、セルライトの除去にも役立ってます。
ナギイカダは、その他にも収れん作用、
皮膚の柔軟化、利尿作用もあると言われています。
posted by 生き生きハーブ at 17:38| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナツシロギク

「ナツシロギク」の紹介です。

ナツシロギク2.jpg

ナツシロギク1.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ナツシロギクは低く生い茂る多年草ハーブである。
抗炎症作用および平滑筋に対する弛緩作用が
あると言われています。
posted by 生き生きハーブ at 17:33| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナツメ

「ナツメ」の紹介です。

ナツメ1.jpg

ナツメ2.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ナツメはクロウメモドキ科の落葉高木である。
果実は乾燥したり、菓子材料として食用にされます。
また、漢方薬としても用いられています。

中国では「毎日3つナツメを食べると年を取らない」
言われ老化防止や美容効果があると言われています。
posted by 生き生きハーブ at 17:28| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニンジン

「ニンジン」の紹介です。

にんじん.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ニンジンはセリ科の一年生または二年生の植物です。
消化を促し、血圧を下げる作用、抗ガン作用があると言われています。

ビタミンAやビタミンEを多く含み、
体内でビタミンAに変わるβカロチンも豊富に含んでいます。
のどや消化管の粘膜や皮膚を健康に保ち、
免疫力を改善する作用もあり、
目の疲れや、アレルギーにも有効と言われています。
posted by 生き生きハーブ at 17:24| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。