Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災

2016年03月30日

ハゴロモグサ

「ハゴロモグサ」の紹介です。

ハゴロモグサ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ハゴロモグサは、レディーズマントルのことで、
収れん作用(止血、創傷治癒、下痢、胃腸炎)、
抗炎症、分泌物抑制、月経過多・不順、更年期障害などに効果があります。
また、タンパク質を固める作用があり、下痢止めに使われています。
posted by 生き生きハーブ at 16:44| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パセリ

「パセリ」の紹介です。

パセリ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

パセリは、セリ科の二年草で、イタリアンパセリや中国パセリが、
サプリメントに配合されています。

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEや
カルシウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルが多く、
健胃、利尿、腎結石の予防や改善に効果があると言われています。

パセリの精油成分には、口臭予防、
食中毒予防の作用などがあると言われています。
posted by 生き生きハーブ at 16:38| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッカ(薄荷)

「ハッカ(薄荷)」 の紹介です。

ハッカ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ハッカ(薄荷) は、夏〜秋に、
薄紫色をした口唇形の小花が多数、節に集まり、
串団子のように見えるシソ科ハッカ属の多年草です。

ハッカ(薄荷)は、別名、ワシュハッカ(和種薄荷)、
または、ニホンハッカ(日本薄荷)とも呼ばれ、
セイヨウハッカ(西洋薄荷)であるペパーミントと区別されてます。

ハーブの一種で、清涼感があり、茎や葉を乾燥させて、
食品や化粧品、医薬品などの香料、薬料として使われています。
posted by 生き生きハーブ at 16:33| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パパイア

「パパイア」の紹介です。

パパイア.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

パパイアは、パパイヤ科パパイヤ属の常緑小高木です。
果実には、たんぱく質分解酵素であるパパインが含まれているので、
消化を良くしたり腸を整える作用があると言われています。

プロビタミンAやビタミンC、鉄、
カルシウムを豊富に含んでいます。

沖縄では、果物として食べたり、
青パパイヤを野菜として、炒め物漬け物にしても食べ、
長寿の食物とも言われています。
posted by 生き生きハーブ at 16:30| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パプリカ

「パプリカ」の紹介です。

パプリカ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

パプリカは、ナス科の多年草で、
冬が寒い日本などでは一年草です。
ビタミンCが豊富で、ビタミンAも含まれています。

ピーマンと同じく唐辛子の仲間で栄養的にはピーマンと似ています。
夏ばての改善、疲労回復、動脈硬化の予防などに効果的があると言われています。
また、代謝を良くし、持久力増進して、
炭水化物の消化を助け便秘予防になるといわれています。
posted by 生き生きハーブ at 16:12| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バラ

「バラ」の紹介です。

1バラ.jpg

バラ2.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

バラは、ローズのことで、ばら科の低木です。
バラで、薬効や香りの高いのは薬用バラとして知られるガリカ種やダマスク種です。

バラの花を煎じたハーブティーには精神を鎮静させたりすることや
下痢や不正出血の抑制、ホルモンバランスの調整などの働きがあります。

強壮作用、月経不順の改善効果、スキンケアにも良いとされています。
バラから抽出した精油は、アロマセラピーや化粧品、
香水の材料などとして利用されています。
posted by 生き生きハーブ at 16:06| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春ウコン

「春ウコン」の紹介です。

春ウコン.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

春ウコンは、ウコンの一種で、正式名称はキョウオウと呼びます。
春ウコンは、秋ウコンよりも色素成分のクルクミンの含有量が少ないので、
根茎の色が薄い色になります。

秋ウコンと同じように、肝機能を強化し、
胆汁の分泌を高めるので、油物の消化などによいと言われています。

精油には、生活習慣病に効果のある成分が含まれており、
血圧やコレステロールを下げる効果があると言われています。
posted by 生き生きハーブ at 16:04| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒメツルニチニチソウ

「ヒメツルニチニチソウ」の紹介です。

ヒメツルニチニチソウ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ヒメツルニチニチソウは南欧に多く自生している
キョウチクトウ科の多年生植物で、
園芸用としても知られています。

欧州では中世から頭痛、めまい、
もの忘れに効用があるとして使われてきました。
posted by 生き生きハーブ at 15:57| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェンネル

「フェンネル」の紹介です。

フェンネル.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

フェンネルは、セリ科多年草で、和名はウイキョウです。
咳止めや消化薬として使われ、食欲増進の働きもあり、
寄生虫アニサキスを駆除する効果もあると言われています。
フェンネルオイルを関節炎やリウマチの炎症の症状に塗ることもあります。

ハーブとして使うとおならを出やすくする作用もあり、
香辛料としても使われています。
posted by 生き生きハーブ at 15:34| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フキ

「フキ」の紹介です。

フキ1.JPG

フキ2.JPG

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

フキは日本を中心に、サハリンから朝鮮半島、
中国大陸にかけて分布する植物で、
数少ない日本原産の植物と言われています。
posted by 生き生きハーブ at 15:30| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。