Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災

2016年03月30日

ブルーベリー

「ブルーベリー」の紹介です。

ブルーベリー1.jpg

ブルーベリー2.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ブルーベリーは、ツツジ科の北米原産の低木性果樹です。
ジャムなどに使われるのは、ラビットアイブルーベリーです。

サプリメントや、医薬品に使われるのは、
ビルベリー(ホワートルベリー)という種類です。

ビルベリー(ホワートルベリー)は、
青紫の色素、アントシアニンを豊富に含みます。
目の疲労を和らげたり、視力回復効果など、
目の機能を高める作用があると言われています。
posted by 生き生きハーブ at 15:25| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベニバナ

「ベニバナ」の紹介です。

ベニバナ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ベニバナは、キク科ベニハナ属の一年草で、
日本では山形県で多く栽培されています。

オレンジ色の花を採取し、乾燥し圧縮した物は染料、
紅の原料として使用されます。
posted by 生き生きハーブ at 15:18| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペパーミント

「ペパーミント」の紹介です。

ペパーミント.JPG

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ペパーミントは、シソ科植物で、
和名はセイヨウハッカと呼びます。

メンソールという有効成分が含まれているため、
清涼感のある香りがあります。

風邪や花粉症の症状に使用され、
胃酸を増やして食べすぎや飲みすぎなどの消化機能を整えます。


ペパーミントは精油(エッセンシャルオイル)として
アロマセラピーにも用いられています。
ガム、飴、クッキーなどによく使われる香料です。
posted by 生き生きハーブ at 14:48| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホップ

「ホップ」の紹介です。

ホップ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ホップはアサ科のつる性多年草で、ビールの原料です。
ビールの苦みと泡を安定化させる働きがあり、
薬理的には健胃作用、抗菌作用、鎮静作用があり、
昔から薬用植物として利用されています。

糖尿病改善や血中脂質の代謝改善、
高血圧の改善、肥満抑制、動脈硬化予防などへの利用が研究されています。

ドイツでは医薬品の扱いで、
イライラや不安、不眠などに効果があると言われています。
posted by 生き生きハーブ at 14:38| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

マツヨイグサ

「マツヨイグサ」の紹介です。

マツヨイグサ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

マツヨイグサは、アカバナ科植物で、イブニングプリムローズ、
メマツヨイグサとも呼ばれています。

マツヨイグサの種子のオイル(月見草オイル)には、
γ(ガンマ)リノレイン酸が含まれており、
炎症を和らげたり、免疫力をサポートする作用や
高血圧やコレステロールを下げる作用があると言われています。

posted by 生き生きハーブ at 17:10| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリーゴールド

「マリーゴールド」の紹介です。

マリーゴールド1.jpg

マリーゴールド2.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

マリーゴールドは、キク科タゲテス属の一年草。
メキシコ原産で観賞用に花壇や鉢植としてよく栽培されます。
花言葉は「悲しみ」です。
posted by 生き生きハーブ at 17:06| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マロニエ

「マロニエ」の紹介です。

マロニエ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

マロニエの和名はセイヨウトチノキでトチノキ科落葉高木です。
マロニエの種子には、
エスチンというサポニンの一種が含まれています。

マロニエの種子エキスには、静脈を丈夫にする作用があり、
静脈瘤の不快感を緩和するといわれています。
また、マロニエには発汗作用があるので、
解熱効果があり、 ドイツでは医薬品扱いです。
posted by 生き生きハーブ at 17:02| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムラサキツメクサ

「ムラサキツメクサ」の紹介です。

ムラサキツメクサ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

ムラサキツメクサとは、レッドクローバーの和名で
マメ科シャクジソウ属の多年草ハーブでアカメツメクサとも呼ばれます。

ムラサキツメクサの花には、イソフラボン、アントシアニン、
クマリンなどの植物栄養素が含まれています。

更年期障害、骨粗しょう症、ガンや生活習慣病の予防などの効果があると言われています。
明治初期にヨーロッパから牧草として輸入され、今では野生化しています。
posted by 生き生きハーブ at 16:58| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メグスリノキ

「メグスリノキ」の紹介です。

メグスリノキ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

メグスリノキは、カエデ科の落葉樹で、
日本にだけ自生しています。
メグスリノキという名前は、
樹皮や葉を煎じた液で目を洗うと眼病に効くことから名づけられた。

目の病気の改善、肝障害の改善、腎臓機能の改善、
動脈硬化の予防などの効果があるといわれています。
成分としては、カテキンなどを含みますが、
眼病に効くかどうかは、厳密には確認されていないらしいです。
posted by 生き生きハーブ at 16:54| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メマツヨイグサ

「メマツヨイグサ」の紹介です。

メマツヨイグサ.jpg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

メマツヨイグサは、道端、荒れ地、
川原などに生える越年草。

高さは30〜120センチで茎は1本立ちするか、枝分けする。
全体に上向きの伏し毛がある。

葉は卵形〜長楕円形で葉縁には
低鋸歯数は多いがあまり波打たない。
posted by 生き生きハーブ at 16:41| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。